Greetings 代表挨拶

私は長らくビジネスの世界に身をおいてきた者ですが、ふとしたきっかけでチャリティの道に携わることになりました。

チャリティは人のために行っているようで、実は自分のこころを救う作業でもあります。貧困や病気に苦しむ人々と接することで、多くのことに気付かされ、豊かさや健康について感謝の心をいただきます。

自分の心が求めるままに、人に寄り添い、苦しさを分かち合うことで新しい世界が広がることもあります。

日本では自然災害が起こればたくさんの寄付が集まり、全国各地にボランティアが自発的結集するなど、私たちの中には「困ったときはお互い様」の精神が自然に宿っています。

一方で、キリスト教社会である欧米に比べて、日本にはチャリティ精神が根付かないという指摘もあります。日本では慈善活動が軽視されたり、ときには偽善的なものとして受け取られることもあります。

これはなぜでしょうか?

テクノロジーの目覚ましい発展により、世の中はかつてない速さで変化している今、社会経済的な格差は激しさを増しています。

貧困が教育格差を生み、教育格差が所得格差を生み、貧困に生まれたものがそこから抜け出ることができないという負の連鎖が弱者の固定化に繋がっています。

先進国である日本には、ひと目でそれと分かるような絶対的貧困は影を潜めていますが、一見それとは気づかない隣人がひそかに相対的貧困や格差に苦しんでいます。

そんな今だからこそ、負の連鎖、貧困の固定化を防ぐために孤立した人々へ永続的な支援の手を差し伸べることが必要です。

私たちは慈悲の心を大切にしつつ、現実的で持続的な解決策を模索します。古くからある一方的な慈善から発展し、関わる人々が共に成長し、支え合う道を探っていきます。

代表 大竹 明子

 

I have long served in the business sector, and had a little moment that had eventually made me decide to move on with social giving.

Some may think that charity is one-way giving, but it is does not have to be.  It is a learning journey enriches your life.

In Japan, when natural disasters occurs, significant donations are raised and hundreds of willing volunteers gather to help from distance. But, unlike a Christian society, charity is often seen ‘hypocritical’  making it hard to establish social giving in a sustainable form in Japan. 

Why does this have to be this way? 

In our fast changing world influenced by work shift, market disruption and aging, social inequalities have been intensified and the ways in which we used to provide ad hoc social care is no longer good enough.

New solutions are required for those who suffer from socioeconomic deprivation of various kinds.

Those who are in relative poverty and disparity are hard to be noticed but could be someone next to you. With the above in our minds, we seek realistic and sustainable solutions to fill in gaps in our society.

Apart from a conventional charity, this will be a challenging journey to make everyone involved grow and fulfill through social giving.

Founder Akiko Otake