Congratulations for Waseda U. Research Institute for Children’s Social Care / 祝・早稲田大学 社会的養育研究所の立ち上げ

Treat others as yourself 「にょこ」というソーシャルマインド

Congratulations for Waseda U. Research Institute for Children’s Social Care / 祝・早稲田大学 社会的養育研究所の立ち上げ

Waseda U now has Japan’s first new research institute for children’s social care to specifically study and promote the children’s welfare. Dr. Kazuhiro Kamikado is the organizer to make this happen for providing better protection for children (youth and minors including babies and children) whose own parents cannot provide care for various reasons. While Japan is a relatively wealthy and safe society, it does not mean that we have the perfect system to take care of our young people who are in need. We may be the only advanced economy where babies and young children who need social care are sent to large size institutions where they grow up without experiencing family experiences.

The institute is the first of this kind in Japan and provides so much potential for improving the children’s human rights from deprivation of many kinds. It could not have been brought possible without the on-going efforts made by Dr. Kamikado who is a medical doctor and researcher who has so much passion in this field. His previous work includes introducing to Japan the fostering change program (clinical care for the children under foster care) developed in the UK, as well as researching the extensive work done on the neuroscience of cognitive development of Charles A. Nelson who is a Harvard pediatrician who studied the Rumanian case involving hundreds of abandoned children after the fall of collapse of the dictatorship by Ceausescu.

Dr. Kamikado spent a time as a research fellow in St. Anthony’s college of the University of Oxford. I met him in the Japan conference of family home back in 2018. He has been open to my eccentric idea as to how a business organization could be, and should be, more involved in providing social care for children in need. I am usually an only person from the business community in children’s welfare gatherings, and many people just do not see why I have to be there.

Now that the institute like this is set up, I am feeling like gathering my side of resources to help him. ‘Providing childcare’ is enabled in many ways, and it means more than just nursery care providers. It takes leaders, planners, executors in finance, resource management, technology and facilities. This is how a business is run and something business community is good at. If you have a time, business skills and/or passion to help, please contact us.

日本で初めて子どもの社会的養育をアカデミックに研究する取り組み(社会的養育研究所)が、早稲田大学で始まりました。日本では、何らかの事情があって実親のもとで生活できない乳児、幼児、未成年を保護する仕組みがまだまだ未整備で、一旦保護されて終わり、保護されてもすぐに元の環境に戻されて事態が悪化してしまう循環が多くの人に指摘されながらもまだまだ改善の道のりは遠いです。日本は先進国の中で唯一、社会的に守られるべき子どもたちが大型施設に送り込まれ、家族と一緒に暮らす生活がどういうものかを経験できない仕組みがなかなか改善されないままになっています。厚労省が旗振りをして脱施設化のための「新ビジョン」を掲げてから里親が積極的に募集されるようになりましたが、子どもたちが本当に幸せを感じることのできる環境を作っていくためには様々な課題が山積みで、専門家育成の取り組みやエビデンスに基づいた研究が不可欠です。

この研究所は、医師(児童精神科医)で研究者でもある上鹿渡和弘博士の継続的な努力なしには立ち上がらなかったもので、日本における児童福祉の領域でひときわ情熱を持って研究を推し進められてきました。これまでの功績には、イギリスの医療機関で開発されたフォスタリングチェンジプログラム(里親と里子のためのサポートプログラム)や、ハーバード大学医学部小児科のチャールズネルソン教授が行ったルーマニアでチャウセスクの独裁政権後に遺棄された数百名の幼児の脳神経の発達にかかる研究を日本に紹介されたことなどがあります。

上鹿渡氏は、オックスフォード大学のセントアンソニーズカレッジで研究員をされていたことがあるのですが、最初にお会いしたのは2018年の全国ファミリーフォーム大会(宮城大会)でした。里親でもなく、福祉関係者でもない一般企業からの参加者は私くらいのものでしたが、ビジネスが児童福祉のためにできることを模索したいという私の突飛な発言を興味深く聞いてくださったのは上鹿渡氏くらいで、多くの人たちは「一般の方がどうしてここへ?」と戸惑われていたことを思い出します。

さて、それから2年が経ち、長野大学から早稲田大学に移られたと聞いてから、あれよあれよと言う間に日本初のこのような研究所を立ち上げられたのは本当に凄いことです。今こそビジネスの多様な分野で専門性を持つ知り合いに声をかけて、この研究所を微力ながら応援させていただきたいと考えています。もし、お時間やご興味のある方がいらっしゃいましたら、お声がけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です