2020 Geneva Challenge for the theme of Social Inclusion / 2020年 ジュネーブ・チャレンジのテーマはソーシャル・インクルージョン!

Treat others as yourself 「にょこ」というソーシャルマインド

2020 Geneva Challenge for the theme of Social Inclusion / 2020年 ジュネーブ・チャレンジのテーマはソーシャル・インクルージョン!

This was back in February 2020. I was my 5th time of traveling to the UK for one week to take a week long class by managing my day job. This time, I took my son and daughter with me. This was a special week for two reasons. One was my daughter’s 9th birthday fell on the week and there was a formal college dinner at Lady Margaret Hall where I belong. By checking with the college contacts, no one knows what the rule is about taking minors to the dinner but each one of them gave me different reasons why they should not come with me. So, I gave up, because I could not find a sitter nor was not willing leave them alone at home, while they were excited about the dinner.

Next morning, the program office manager contacted me to hear about why I had to miss the dinner. With lots of respect to the old tradition for the university or college community, I said, things should be a bit more accommodating, because it is not fair that I had to miss the opportunity, not just to have the dinner per se, but all the interactions which could have brought me new ideas, inspirations, and so on. This is how people miss out opportunities in adversity. I am a working mother and have parental duties to watch my children, and not everyone is lucky enough to have parents and relatives who are readily available to watch them. The time and energy for socialization is luxury for me. So I told him I was disappointed, and also shared my belief that my true intention to be in the program was to basically fix an issue like this. I wanted to explore ways for the business to help the disadvantaged people by devising a business idea.

A few days later, he wrote me to point the Geneva Challenge which theme this year was Social Inclusion. He kindly remembered what I asked him and look into how he could help me with my personal agenda. This was very touching. Back then, I would not have known that the whole world soon turn into a different place with COVID-19 outbreak. I now have to realize and appreciate so much how precious this live conversation was. Soon after this, I was able to gather a group of willing and talented 5 individuals to work on the GC initiative. We are now officially registered and ready to move on.

世の中がCOVID-19一色に塗り潰される直前の2020年2月のこと。ビジネススクールの授業のある一週間、仕事をあけて子どもを連れて渡英した際に自分が所属するカレッジでフォーマルディナーが開かれることになりました。せっかくの機会なので子どもを連れて行ってもいいかと問い合わせると、予約担当者からはもう予約を閉めてしまったので・・・と言う返事があり、調理担当者からは食事の上での安全性があって・・・と言う返事があり、ホール担当者はアルコールを取り扱うので・・・と異なる返事があったため、これはウェルカムではないと言うことだなと思えることがありました。結局この日は、シッターを手当てできなかったため、私はディナーへの参加を断念したのでした。

その翌日、プログラムオフィス担当者とこの件についてプライベートで話す機会がありました。伝統的な大学のディナーに子どもは連れてくるなという社会規範なのかもしれません。でも、食事という意味でのディナーは諦められたとしても、その場での皆との会話や得られたかもしれないインスピレーション、何かに結びつくかもしれないチャンスなど、付加価値のきっかけが失われたわけで、ワーキングマザーでシッターが見つけられないことが社会的な機会損失につながるということをとても残念に思う、ということを伝えまし。その流れで、ディナーのことはともかく、そもそも自分がビジネススクールにきたのは、こうした社会的な不均衡をビジネスの力で是正する仕組みを作りたいんだという話をしました。ソーシャライズするための時間やエネルギーは贅沢なことで、誰もが親や親戚を頼れるわけではないこと、社会的なリソースがない個人が憂き目にあうのは看過できない、など話しました。

数日後に同じ担当者から連絡がありました。Geneva Challenge (GC) という大学院生のための国際大会があり、2020年のテーマがSocial Inclusionであること、興味があればぜひ応募してみてはどうですか、というアドバイスもらいました。コロナウイルス一色の世の中になった今となっては、思わぬきっかけで対面の会話から生まれた貴重な流れだった気がします。この後、直ぐに有志の仲間が集まり、正式にGCへのエントリーも済ませました。準備ができたところで、後は頑張るのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です