Child death Japan – Mia’s first memorial / 千葉県野田児童虐待死事件 – 心愛(みあ)さんの一周忌

Treat others as yourself 「にょこ」というソーシャルマインド

Child death Japan – Mia’s first memorial / 千葉県野田児童虐待死事件 – 心愛(みあ)さんの一周忌

Hello, thank you visiting our website.  My name is Akiko Otake, the founder of NYOCO.  

みなさま、こんにちは。私どものホームページにお越し頂き、ありがとうございます。にょこ 代表の大竹明子です。

Mia wrote: ‘My father hits me while I am asleep and awake. Teacher, please could you help me?’

One year ago from today, Mia Kurihara, a 10 year old girl lost her life — found dead in a freezing bathroom in her house in Chiba, Japan, with bruises all over her body, broken rib, empty stomach (she was not fed over a week), water in her lung (later we found she was ‘punished’ with cold water over 80 minutes, which were done by her own father.  Domestic and international media, including BBC News, The Japan Times, The Mainichi, The Asahishinbun to name a few, covered this incident broadly.

ちょうど一年前に、痛ましい児童虐待死がありました、2019年1月23日、千葉県野田市で父親による凄惨な虐待によって、栗原心愛さんが死亡しました。児相、学校、行政が関与していたのも関わらず、救えたはずの幼い命が失われたこのショッキングなニュースは国内外で報道され、多くの人の涙と怒りの感情を誘いました。その後、母親の被告人質問が行われ、先日はNHKの情報公開請求による児相のアセスメントの記録が開示されました。

SOS sent from Mia to her class teacher at school. In the boxed area, the instruction says ‘what you write will be kept secret, and ‘you are asked to write honestly’

Beyond these heartbreaking facts, the most shocking piece came out shortly after the news release. There were so many opportunities to have save Mia’s life. She sent her SOS in writing by filling out the questionnaires to report abuse. This led to her protection by the social service, but she was sent back home, based on erroneous assessment ‘not critically serious’ (her father kept changing the family’s physical address). Furthermore, the city official made a fatal mistake to have given Mia’s SOS note to her father who threatened them by yelling. One can imagine how bad this could be. Her furious father abused her even harder, this time, until she dies in a slow, painful way.

この事件の報道によって明らかになったショッキングな内容の一つは、被虐待時が学校のアンケートに答える形でSOSを送ったことで、一時的には児相の介入につながったものの、最終的には市の職員がこともあろうかその文書を加害者である父親の手に渡してしまった(脅しに屈する形で行われた)ことでした。結果、父親からの虐待はエスカレートし、昨年の冬休みをきっかけに心愛さんが再び学校に登校することはありませんでした。これまでの裁判で明らかになったところによると、死亡するまでの一週間以上食事を与えられず、長時間立たされ、プロレス技をかけられたり床に叩きつけられるなどの暴行を受け(死亡解剖により腹部など洋服で隠れる部位に多くのアザと肋骨骨折が認められた)、外気がマイナス3度の冬の日に1時間20分もの間風呂場で水を浴びせられた(肺にも水が入っていた)ことなどがわかっています。

She was only 10 years old. When I learned about her case for the first time, I wondered if one could die if one wishes so strongly in despair… For a ten year old child, her family and school is everything she got. She turned to relatives, school, social service, none of them were able to save save her life. Mia is now gone, but there are sill many others just like her. This makes us think what we could do to save them? In Japan, about 80 children are officially reported to die from parental abuse every year (the similar stats says 50 child death from abuse in the UK). What is behind this case is not just a serious of administrative error or wrong assessment. There are poverty issue, cheap female labour in workforce, never-sufficient social support.

この事件のことを知ったとき、まだ10歳の少女がどのような思いで日々これだけの暴力に耐えたのだろうと思い、いたたまれなくなりました。彼女が信頼して助けを求めた行政には裏切られたばかりか事態がさらに悪化し、誰からも助けられないまま、凍てつく冬の日にたった一人でその命を終えたのかと思うと無念でなりません。日本では毎年80人もの乳幼児が虐待死しており、同じような苦しみを受けている子どもたちは多く存在します。この事件の裏には、ドメスティックバイオレンス、女性の就労困難、貧困問題、子どもの権利への不理解、このような家庭・母子への社会的支援の不足などいくつもの問題が潜んでいます。

Mia is gone now, but her death has impacted many individuals, organizations, national and local government.  Chiba prefecture has recently announced that they start new service to protect children and their mothers under  domestic violence. Her life could have been saved if her mother knew she could get away from the life with violence.

心愛さんの死は、児童福祉法をめぐる行政の実務改善、子どもの虐待、ドメスティックバイオレンスに関わる支援団体の取り組みにも大きな影響を与え続けています。行政が少しづつ問題を解決する一方で、社会的な取り組みにも、改善の余地がまだまだあります。死亡する数年前、沖縄から千葉に引っ越した直後の生活について心愛さんが周囲に「毎日が地獄」、「沖縄ではお母さんがやられていた(DV被害にあっていた)」と周囲に漏らし、一時保護のあと実親に引き取られるのを泣いて拒み、学校には父親の暴力を訴えていたにも関わらず、彼女を保護できなかったのはなぜかを考えていく必要があります。

The following pictures come from a privately owned DV facility. These small apartment rooms are made available for mothers and children for protection, supported by donations.  Corporate sponsor, IKEA, in this case, provided entire interior coordinations. If every business owner could spare a tiny portion of its extra space, money or its inventory (such as furniture, food, clothing, etc), there is a change we could build social safety network to save the most vulnerable existence in our society.  

下の写真は、とある非営利団体が民間で運営するDVシェルターの写真です。母と子が一緒に寝られるベッドや明るい色のインテリアは全て家具メーカーのIKEAが寄付されたものです。個人でもビジネスでも、できる範囲で私たちがこの問題に取り組む方法はいくつもあり、世の中のビジネスオーナーがほんの少しのリソース、お金、サービス、モノを提供すれば、このような社会的に弱い立場の親子を救歌めのネットワークが作れるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です